スタジオ紹介
Introduction

2001年

「2001年 関東近県でもヨガスタジオが数店舗しかない頃、横浜関内にBMYスタジオとしてスタジオオープン。以降、一般の方、ヨガ指導者の方、セラピストの方など多くの参加者を生徒として受け入れ、名実ともに日本の第二次ヨガブームをけん引、実力のあるスタジオとして成長してきた。日本ヨガ界にも、BMYから発信されたコンテンツは数多く、それらは現在も国内、国外で高い支持を得ており、指導を請う後進たちがここに集ってきている。BMYスタジオで展開されるすべてのクラスは、確かなエビデンスと正しい智慧を基軸に進行され、何よりも生徒の方、お一人お一人様を大切にと展開していくことを大切に進めている」

2009年
ハンディキャップヨガ®

日本で始めて障害のある方、ご家族の方へのヨガを生み出した。

2010年
ヨガ棒

身体のメンテナンス、特に肩の不調に有効なツールとしてヨガ棒という備品を考案、そこから生み出される魔法のような手法はトップアスリートたち、また国外でも高く評価されている。

2013年
肩甲骨ヨガ®

肩、肩甲骨の調整と可動域改善の為のヨガを考案、メディアでも広く取り上げられている。肩こり解消,姿勢改善には絶大の自信をもって国内外問わずヨガ界ではリーダー的存在。

2016年
背骨メンテナンスヨガ

ストレス過多の現代人に、より役立つヨガの提案を考案。背骨の調整、神経系を整え、睡眠改善、内臓機能の調整につながるヨガを論理的に構築。国内の多くの指導者に活用されている。

2017年
坐骨から導く股関節操作

人の身体に備わる自然の動きの機能を尊重し、様々な身体操作法を生み出す、これもその一つ。胡坐や長座をここまで心地よくする手法は世界でも類を見ない特筆すべきもの。

2018年
筋膜走行を活かすヨガ

まだ筋膜に関して未知数な部分が多い中、もっとも簡単で誰でも使える筋膜の連鎖を活かす手法を構築。

これらすべての提案の根底には、動かしにくさのある方、不具合のある方にヨガからより心地よさと快適さを得ていって頂きたい、という想いがあります。そしてそれを達成するための手法として「人の体に本来備わっている動きの機能を活かし、呼び覚ます」ことを根本に置いてきました。

それがBMYスタジオのレッスンに踏襲されている考え方です。

ヨガからは恩恵をしっかり受け取っていっていただきたい。無配慮な指導による故障はBMYスタジオでは決して起こさないことは勿論、

  • ・最高に若々しい体創り
  • ・最高に良い姿勢創り
  • ・ご機嫌な毎日のために
  • ・ひとりひとりに合わせた指導内容が充実
  • ・身体機能改善と向上
  • ・不調緩和など

期待通りの成果を生み出すことをまず第一の使命として捉えており、
ヨガのポーズを行うだけのレッスンとは一線を引いて進めています。

〒220-0032
神奈川県横浜市西区老松町23-2

JR京浜東北線「桜木町駅」からは徒歩12分
京浜急行「日ノ出町駅」から徒歩7分

  1. ・横浜中央図書館をめざして野毛坂という上り坂をあがる。
  2. ・中央図書館を左手に見て、野毛山公園を右手にだらだら坂を道なりにあがる。
  3. ・斜め前方に青い看板で「青少年交流センター」が見えたらそこを左折。
  4. ・「青少年交流センター」の建物の左側私道を奥に進む。つき当たりの黒い建物。

bmy-info@gmail.com

※bmy-info@gmail.comからのメールが受信できるよう、迷惑メール対策機能をご設定ください。
3日過ぎても、こちらからの返信が無い場合はお手数ですが、ご連絡をお願いいたします。
TEL:070-6469-3035

MAP

桜木町からBMYヨガスタジオまで

日の出町からBMYヨガスタジオまで